【白ひげみたい】子供の鼻の下の毛はどう処理するのが安全?

子供の鼻の下の毛はどう処理するのが安全か

小学生も高学年にもなるとだんだんと産毛や体毛が気になってきます。とくに女の子の場合は見た目に気を使いだし、顔回りも清潔にしたがるようでした。

 

しかし、子供に剃刀を使わせて顔の毛をそらせるのはケガの心配もますし、顔の毛を抜くのは痛みを伴います。娘の顔に傷をつけたくもありません。そこで痛みもなく安全なフェイスシェーバーを購入し試しに鼻の下の毛を剃ってみました。

 

最初は「ジージー」というシェーバー特有の音に怖がっていた娘ですが、痛みが全くないことに気づくと安心して剃らせてくれるようになりました。落ち着いて毛の処理ができるので剃り残しもなく、すぐに処理し終えることができました。

 

子供も気にしていた鼻の下の毛がすっきりし満足した様子で、「これなら自分でもできる!」と喜びの声。重さもほとんど気にならない程度ですし、電池を替えればずっと使用できるのでコストパフォーマンス的にもいいようです。

 

今では娘が定期的に自分で顔の毛も処理しているようです。安全性はよくわかっているので心配なく使わせています。娘自ら清潔感を保とうと頑張っている姿を見ると成長を感じます。身なりを気にし始めたお子さんにはフェイスシェーバーを一本買い与えることを考えてあげるのもいいのではないかと感じました。

 

 

小学生の子供の気になる鼻の下の毛

小学生の子供を持っているお母さんの悩みに、鼻の下の毛があります。子供だから気にすることはないと思っている人もいるかもしれませんが、小学生の高学年にもなると、いじめの原因になる場合もありますから、子供がコンプレックスに感じているような場合には、何とか対策をとってあげる必要があります。

 

自宅でできる鼻の下の毛の処理法というと、カミソリや家庭用脱毛器、電気シェーバーなどがあります。

 

もっとも手軽に行えるのはカミソリでの処理ですが、カミソリは肌を傷つけるリスクもありますし、子供の肌はデリケートですから、カミソリはおすすめできません。
家庭用脱毛器は、顔の産毛にも効果的ですから、有効な方法です。

 

また、家庭用脱毛器がない場合には、電気シェーバーもおすすめです。カミソリのように肌にあたりませんから、肌を傷つけませんし、手軽に処理することができます。

 

そのほかにも、抑毛ローションも塗り続けることで毛を細くしていくことができます。即効性はありませんが、毎日塗ることでムダ毛が徐々に薄くなっていきますから、おすすめです。

 

抑毛ローションを選ぶ際には、子供の肌にも優しく天然成分で、安心・安全なものを使うようにしましょう。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛は中学生も処理している

鼻の下の毛は中学生ぐらいから処理を始めるそうです。思春期になると、ホルモン分泌が活発になり、中には男性ホルモンが先に活発になり、産毛が濃くなることがあります。

 

そうなると、中学生でも鼻の下の毛は気になってきますよね。クラスの女子でも生えていない女子もいるのならなおさらですよね。
さらに、中学生ぐらいになると、ホルモン分泌が盛んになり、顔の上に分泌される皮脂も多くなります。

 

そこで、ちゃんとした処理方法の知識がないままに顔剃りをしながら中身のわからないローションなどでケアしていると、にきびなどに発展することになるかもしれませんね。

 

改めて書きますが、思春期はホルモン分泌が盛んで、中学生ぐらいなら、皮脂も盛んに分泌されて、顔の産毛よりニキビの方が気になるのでは?と思います。
でも、産毛処理をすることで、顔の上のごみも一緒に取り除いてくれるので、毛穴に古い細胞がたまることがなく、ニキビができにくくなることもあるといいます。

 

沖縄みたいな南国では、小学生の女子でも鼻の下にひげがびっしり生えているけれど、中高生になるとそういう女性はいないとのことでした。

 

ニキビも気になるでしょうが、ムダ毛処理も気になる。恐らく顔だけではなく、脇や脚、腕など多くの部位で、カミソリで処理しているかもしれません。
ずっとそれを続けると、やはり顔のお肌のバリア機能は弱りますから、さらに顔は皮脂を分泌してニキビが発生します。

 

最初は古い角質をとってくれて、ニキビができにくいつるつる肌になるかもしれませんが、繰り返すうちに、バリア機能がなくなってくるのです。
そこにカミソリを当てると、状況は悪化しますので、できれば電気シェーバーを使って顔の産毛処理をして欲しいと思います。

 

ただし、中学生ぐらいなら、肌のターンオーバーも確実にサイクルしており、古い細胞が顔の上でとどまるということはなさそうなので、ずっと黒ずみが残るとは思えません。

 

もし部活などをしている中学生であれば、恐らく汗もたくさんかいて、新陳代謝が良いので、少々カミソリでそってメラニンが出来ても、部活の日焼けに比べたら、わからないぐらい薄いものかもしれません。

 

ただ、あまりにも濃い毛が生えてきたら、内蔵の病気という可能性もあります。

 

自分の子供はちょっと男性並みに脚や腕、顔に毛が生えてきていると思ったママは、多毛症という病気もありますので、病院に行くことも考えてあげてください。
ただ、自分の子供が中学生で、顔の産毛が濃いなと思っている母親がいたら、抑毛効果のあるスキンケアクリームやローションを買ってあげて欲しいと思います。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

鼻の下の毛を薄くする方法

鼻の下の毛は気になる方でしょうか?すでに濃くなってしまっていて、自己処理をしている女性も多いそうですが、剃る、抜くだけではなく、薄くする方法もあります。
鼻の下の毛なので、顔のほぼ中心です。自己処理で剃る、抜くなどして、なにか炎症を起こしたり、吹き出物ができたり、黒ずんだりしては、逆効果ですよね?

 

それよりは絶対安心・安全な薄くする方法と美肌が一度にできるクリームやローションがあります。
だから、永久脱毛するほど鼻の下の毛がひげのようになっていない人は薄くする方法をまずは試してみるのも良いのはないでしょうか?

 

まず薄くするスキンケアクリームとして、ノイスクリーム、パイナップル豆乳ローション、スキンケアジェルMEなどがあります。
腕や脚用にも多くの商品が販売されていまので、必ず顔専用というものを探して、顔に塗ってくださいね。

 

こういった鼻の下の毛(産毛やひげ)を薄くするクリームやローションには植物や海藻から抽出した自然の抑毛効果がある成分が配合されています。
だから、鼻の下の毛が薄くなるだけでなく、美肌効果も期待できます。効果を実感するまでに数ヶ月は必要だと思いますが、是非試してみてください。

 

また、今のファンデーションやコンシーラーは優秀なものがたくさん揃っていますので、それで隠せるようなら、あえて剃るなどせずに自然にしておきましょう。
いずれ加齢とともに女性ホルモンが減る時期がくると、男性ホルモンが優位になります。

 

そうすると、ひげが生えてくるようになりますので、それまでは何もせず美肌をキープするという方法もあります。
もし顔の産毛処理を剃るという方法で解決したいなら、顔のお肌が清潔なとき(お風呂上りがベスト)で、顔専用の電気シェーバーを使いましょう。

 

大手家電メーカーなどから顔専用の小さい電気シェーバーが発売されていると思います。
今の電気シェーバーは多機能なので、鼻の下の毛を剃るだけでなく、眉毛も整えるパーツなどもついていたりしてとても便利ですよね。

 

さらに、顔の産毛処理ではありませんが、顔の産毛が薄くなるおすすめ法があります。

 

まず、根本的にホルモンバランスが崩れていて、女性であるから女性ホルモン優位なのですが、更年期障害と同じになっている可能性があります。
つまり、男性ホルモン優位でイライラしたり、気分が落ち込んだり、さらにそれがストレスとなって、心身が疲弊すると女性ホルモン分泌が減ります。

 

まずは、リラックスすること(ストレス緩和の一部)です。職場でも家でも、なるべくムキにならずに、ストレスをスルーする術を身に付けてください?
それを和らげるには、家族と一緒に過ごして笑うこと、香り(アロマ精油)でリラックスもできます。

 

もうひとつ簡単なのが眠る。よく眠ると、その間は何も考えませんからストレスフリーとなります。

 

これで鼻の下の毛も気にならずに薄くなるかもしれませんよ!

 

【PR】顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?