フェイス脱毛のために必要な回数

フェイス脱毛のために必要な回数

フェイス脱毛で現在最も頻繁に用いられている方法は、医療レーザー脱毛です。黒い色に反応して熱を発生させる光を利用し、毛根を焼き切るという方法です。この方法でフェイス脱毛をする場合、自己処理がいらなくなるまでの回数は、6回から8回であると言われています。

 

個人差があり、もっと多く通う人もいます。効果が得やすく、少ない回数で済むのは、毛が濃くて太い場合です。毛が薄くて細い場合は、レーザーを照射してもなかなか熱が発生しませんので、永久脱毛状態にするのが難しくなります。

 

もともと、医療レーザー脱毛というのは、アメリカの白人向けに開発された方法で、色白で体毛が濃い場合に、より高い効果を生む方法です。日焼けした肌だと、レーザー照射によって肌にも発熱するため、やけどする可能性があり、レーザー出力を下げる必要が生じます。そうなると、効果は得にくくなります。

 

日焼けしていて、毛が薄くて細い場合は、効果を得るのがなかなか難しくなります。それでも、ファンデーションを塗る以上、顔の産毛はないに越したことはありません。カミソリで剃るというのは、肌を傷めますから、できれば避けたいところです。永久脱毛できる方法がある現在は、良い時代と言えます。

 

 

男性のフェイス脱毛は湘南美容外科がおすすめ

近年男性の美容意識が高まってきておりそれに伴いメンズフェイス脱毛の需要が高まってきています。あらゆるエステやクリニックで脱毛の施術が行われていますが、男性のフェイス脱毛は湘南美容外科がおすすめです。

 

まず、エステの場合には光脱毛という手法が一般的です。一方、クリニックの場合にはレーザー脱毛という手法が一般的に行われています。つまり、エステは光、クリニックはレーザーをあてることで脱毛をするのですが、脱毛効果には光やレーザーのエネルギーが深く関与しています。

 

エネルギーが強ければ強いほど毛根組織へのダメージが大きくなり、脱毛効果が高まります。光とレーザーを比較するとレーザーの方がエネルギーが強いので、エステよりクリニックの方が脱毛効果が得られやすいのです。

 

また、数あるクリニックの中でなぜ湘南美容外科がいいのかというと男性のひげ脱毛用にメディオスターという機械を導入しているからです。メディオスターは弱いエネルギーのレーザーを長時間照射することによって周辺組織へのダメージを最小限に抑えながら毛根組織を確実に破壊していくのです。

 

また、日焼けをしている場合でもやけどになりにくいです。さらに施術中の痛みも軽くて済みます。顔の毛が濃いメンズフェイス脱毛では痛みが激しく出やすいですがメディオスターによってこれを軽減することができるのです。こういった理由から湘南美容外科をおすすめします。

 

⇒フェイス脱毛よりも手軽な顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?