顔の産毛をカバーするファンデーション選び

顔の産毛をカバーするファンデーション選び

顔の産毛を処理している女性は働く女性のほとんどだと言われています。そしてそのほとんどが、本当に今の処理方法でいいのか悩んでいるのだとか。しかも、顔の産毛はひげっぽく変化し、剃り跡まで目立ってくるようになり、メイクせずには絶対に外出できないほどになっている女性もいるそうです。

 

顔の産毛や剃り跡なら、スキンケアもしてくれる美容成分たっぷりのクリームファンデーションやコンシーラーで隠すことが可能です。今の化粧品はほとんどのシミやしわをカバーしてくれるぐらいなので、顔の産毛が濃くなって、剃り跡が残っていても大丈夫です。

 

既にご存知の通り、女性の産毛、濃い産毛、ひげ対策は本格的に多くの商品が出てくるようになりました。一番は永久脱毛、エステサロン、昔からある毛抜きに電器シェーバー、そして化粧品(抑毛効果のあるスキンケアクリームやローション)です。化粧品でもシミやシワをかくせますから、顔の産毛やひげの剃った跡もコンシーラーで隠せてしまうのです。

 

更年期になっていないのにひげが生えるのは、ホルモンバランスが崩れているからなのは知っていましたか?

 

つまり、普通は女性ホルモン優位で男性ホルモンはサポート的な役割を体内で担っているのですが、それが逆になった場合です。これがホルモンバランスの崩れ。つまり女性ホルモンが足りない状況になるということです。それならば、女性ホルモンを多く摂取すれば良いということになります。

 

つまり、女性ホルモンと同等の何かをしてくれる食品の中の成分(有名なのではイソフラボンがありますよね)を凝縮してあるサプリメントを摂取することです。サプリメントですから、効果はゆるやかにですが、ちゃんと成分が含まれていて、身体が吸収していれば、効果は確実にあります。ですが、イソフラボンは厚労省より1日の推奨摂取量が30mgと発表されており、上限値も70〜75mgとあります。

 

つまり、豆乳200cc飲めば、サプリメントを飲まなくても、いきなり上限値程度まで摂取可能となります。過剰摂取はガンなどの疾病の原因になりますので、いくら女性ホルモンが欲しくても、過剰摂取しないようにしてくださいね。

 

同時に、ひげ処理をしても、どうしても跡がちょいちょい残ってしまう。シェービングを続けていてすでに黒ずんでしまったという人は、コンシーラーで隠してしまいましょう。女性はよくご存知の通り、今のコンシーラーは昔の濃いファンデーションのようではありません。

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?