鼻の下の毛を抜くコツをチェックしよう

鼻の下の毛を抜くコツをチェックしよう

鼻の下の毛が気になるけれど、どうやって処理をすれば良いか悩むことはないでしょうか。カミソリで剃ったり、除毛クリームを使ったりなど、いろいろと方法がありますが、一番手軽なのは毛抜きで抜く方法かもしれません。

 

しかし、鼻の下の毛を抜くのは、痛いし皮膚が赤くなって荒れる可能性もあります。そうならないためには、鼻の下の毛を抜く前に毛穴を開いて、肌を柔らかくしておくことや、処理後にしっかりと保湿することがコツになります。

 

まずは、蒸しタオルを用意して、鼻の下に蒸気をあてて毛穴を開いておきます。これは、毛を引き抜く時の負担を軽減するので、痛みを少し和らげることもできるようです。毛穴が開いたら、毛の生えている方向にそって、ゆっくりと毛を引き抜いていきましょう。

 

ここで勢いよく引っ張ると血が出たり、毛穴に毛が埋没して黒ずみの原因にもなるので注意が必要です。全ての毛を抜き終わったら、コットンを冷水につけて毛を抜いた場所にあてていき、毛穴を引き締めていきます。最後に、保湿用のスキンケアクリームを塗って、乾燥を防げば完了です。

 

鼻の下の毛を抜くことは簡単ですが、毛穴の下準備やスキンケアに手間をかけると、肌トラブルの防止や毛穴の状態を守ることに効果が期待できます。また、毛を抜く時の痛みも緩和されるので、鼻の下の毛を抜く時はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

 

 

目立って辛い、女性の鼻の下の毛のお手入れは

鼻の下の毛は目立ちます。飲み会で気持ち良くビールを飲んだら、その場の視線を釘付け。鼻の下の産毛に泡がこびりついて、白ひげのおじさん状態!女性として、そんな恥ずかしい事態は避けたいもの、女子力は上げたくても、おじさん度が上がるのは勘弁です。

 

しかし、せっせとカミソリで産毛を自己処理をしていたら、剃りあとが男性のように青黒く目立ってきて大ショック。青ひげは、剃った毛の断面が太く見えている状態です。目立つ鼻の下の毛のケアはやりすぎると、逆効果になってしまうこともあるのです。

 

毛抜きや脱毛テープで毛根から抜いてしまう方法もありますが、肌を痛めてしまうこともあるのです。鼻の下が赤く腫れてしまっては、ファンデーションでもカバーしきれません。鼻の下の毛の処理におすすめなのは、刃が直接肌に当たらない構造で肌に優しい顔剃り用のシェーバーです。

 

顔そり用のシェービングクリームを使用して肌をガードしてから剃りましょう。剃った後は、化粧水やクリームでしっかり保湿します。3週間に1度の頻度がおすすめ。そして肌を傷つけず優しくケアできるのが、大豆イソフラボンを含む抑毛ローションです。

 

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをする大豆イソフラボンには、産毛を抑制する効果が期待できるのです。抑毛ローションは継続して根気良くぬり続ける必要がありますが、肌にダメージが少ないケア方法なのです。

 

しかし効果が出るまで時間がかかり、効果にも個人差があるのです。シェーバーによる処理と、抑毛ローションと合わせておこなうことで、自己処理の頻度を減らすこともできます。鼻の下の毛は女性の身だしなみ、適切に処理してツルツルを保ちましょう。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?