痛い鼻の下の毛が気にならなくなる方法

痛い鼻の下の毛が気にならなくなる方法

鼻の下の毛は細い毛が大半のため、脱毛を行なうと痛いと感じることが多くあると言われています。鼻の下の毛の処理方法で1番多いのがカミソリで剃るという意見です。

 

カミソリでの処理は短時間で簡単に行えるといったメリットがありますが、頻繁に行なうと色素沈着を起こしたり毛の断面が目立ってくるためムダ毛が濃くなったように見える場合があります。ムダ毛が太い場合は毛抜きを使って処理を行なうという方もカミソリの次に多く、こちらの方法も処理に痛みを伴ったり、毛穴が開く可能性も高くなるため注意が必要です。

 

美意識の高い女性の間で最近注目されているムダ毛の処理方法で、クリームを使用するという方法があります。1日2回朝と夜を目安に鼻の下などムダ毛が気になる箇所にクリームを塗るだけという簡単な方法で、継続して使用することでムダ毛が目立たなくなったという声も多く聞かれます。

 

クリームには女性ホルモンに似た働きが期待されている3種類のダイズ成分と古い角質や老廃物にアプローチすると言われているタンパク質分解酵素が含まれており、お肌の気になる箇所に塗るだけでスベスベのお肌に近づくことができると注目を集めています。クリームを塗るだけの簡単なケアなので、忙しい生活を送っている方にもおすすめといえるでしょう。

 

 

女性なのに鼻の下の毛が青い理由は?

青ヒゲと呼ばれる症状がありますが、これはヒゲの濃い男性ならほとんどが経験することです。ヒゲ剃りをした後に、短くなったヒゲが皮膚から透けて見えるような状態で、毛の黒色が薄まった感じになり、青いヒゲのように見えるのが正体です。

 

防ぎようのない症状ではあるものの、鼻の下の毛が薄い女性であっても、青ヒゲに悩まされる人がいます。なぜ、女性なのにこの症状が出てしまうのかといえば、女性ホルモンのバランスが乱れることによって、鼻の下の毛が濃くなっているからです。

 

ストレスや不規則な生活、疲労などが原因で、女性ホルモンが減少して男性ホルモンが活性化するようになります。男性ホルモンには毛を太く濃くする作用がありますので、男性のようにはならないものの、女性であっても鼻の下の毛が濃くなってしまいます。

 

これではどんなに丁寧に剃っていても、青ヒゲの症状はなくなりません。青ヒゲ対策をするなら、毛そのものを薄くする方法が一番です。毛を薄くしてくれる女性のヒゲ専用の対策クリームが販売されています。

 

これを使えば、鼻の下の毛が青い状態になりにくく、目立たないきれいな肌状態をキープできるでしょう。対策クリームを利用しながら、生活を見直すことで症状が改善します。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?